身内のお祝いとして実印をプレゼントするはとてもお勧め

印鑑

メニュー

お知らせ

2016/08/09
大人になった証、実印を更新。
2016/08/09
実印の基礎知識を更新。
2016/08/09
実印以外の印鑑を使う機会はとても多いを更新。
2016/08/09
実印の購入を更新。

実印は大人になると1人1人要るものです

私は結婚してから住宅ローンを組むため夫の実印が必要で近くの印鑑屋さんで作りました。実印登録を市役所で済ませないとローンが組めないと言われ急きょ作ったので材質やその他はこだわりなく作りました。その15年後、同居していた私の父が逝去したため財産分与のため私も実印が必要となりました。
私の父は財産が少なかったため全て母が受け取る事としたのですが、それでも相続放棄するにあたり必要だそうで作りましたが考える時間もあったことから私の実印はお金が貯まるようにしたいと思い色は金色にして材質はチタンにしました。注文はネット販売店印鑑市場でお願いしましたが金額が2万ほどで振り込んでからの送付だったため、ちゃんと届くか不安でしたが無事注文から1週間ほどで手元に届きました。チタンで作っているため正直、重みはありますが衝撃に強いため印鑑がふちがかける事は現在5年目ですがありません。
また上の表示が付いていないため押す際には真っすぐにならず、よくズレます。これには困っています。お金が貯まるように金色にしたのにはきっかけは、三輪明宏さんの髪は金髪ですが理由が本人曰く「金色の物を身につけるとお金が寄ってくる」との事をテレビで話していたからです。その実印を購入してから通帳の印鑑も全部、私名義は金色のに変更しましたが本当にお金が貯まっています。

実印の重要性

実印とは市町村役場でご自身の姓名を彫刻した印鑑を登録して申請し受理された印鑑の事を言います。実印は一番身近でありながら、もっとも重要な印鑑であり長年使用する大切なハンコでもあると思います。
例えば保険金の受取の際、公正証書の作成、遺産相続、金銭その他の借用書やあらゆる契約書、もちろん市町村役場での手続き等様々な場所で活躍する印鑑です。なので安易にお安い価格の印鑑で間に合わせるのはお勧めしませんね。
実印は作ろうと思えばハンコが売っている場所でいつでも作れますが一つの目安として喜びの時期に作成するのが一番望ましいような気がします。例えば高校や大学を卒業する時、喜びと共に社会人になる為の第一歩作るタイミングとしては非常に適していると思いますし、このような時期に作成すれば社会人になるのであれば責任感も増じ自覚が出てくるのではないのでしょうか?そして卒業の際、親元から離れて一人暮らしをする際、賃貸契約書等に印鑑を早速使用しますからきちんとした印鑑を作るのもいいと思います。次に成人した時のお祝いとしてはいかがでしょうか?成人すれば両親が保証人にならずしても本人ご自身で契約出来ますので、その契約の際にきちんと印鑑登録をした実印を使用する為にも作るのがいいと思います。作るのもいいですが、身内がお祝いとして実印を贈答するのもとてもお勧めですね。結婚した時も適した時期と言えると思います。

銀行手続きにおける実印の利用方法

実印はどんな時に使うかの一例として銀行実務の中の相続手続きについて挙げます。銀行の手続きは基本的に登録届印で手続きを行なうことができますが、相続手続きに関しては実印でお願いすることがあります。なぜなら、亡くなった人は銀行に口座を持っていても、相続する人は、同じ銀行に口座をお持ちではないからです。相続手続きには謄本や印鑑証明書、印鑑証明書記載の実印が必要になってきます。
ただ、相続人の中に未成年者がいた場合は、未成年者は意思無能力者にあたるので契約書や書類に署名ができませんので親権者に記入してもらうようになります。なぜこんなことを言うかというのは、実印は18歳から作れるんです。つまり未成年者でも実印登録してる人がいるんですよね。実印登録をしていても未成年の方に署名捺印をもらうことはできないので親に署名してもらうようになります。もし、親がいない場合、例えば未成年の子供だけが相続人だった場合は、家庭裁判所で定めた未成年後見人の署名と実印での捺印が必要になります。
遺産分割協議書を作成する場合、未成年者の代わりに家庭裁判所で定めた特別代理人の署名と実印での捺印が必要になります。相続手続きの中には公正証書遺言というのがありますが、相続手続きに限らず公正証書役場で公正証書を作成する場合は印鑑証明書と実印が必ず必要になります。実印の利用方法のほんの一例ですがご参考になればと思います。

低価格で安心して使用することができる実印をお求めなら印鑑市場という通販サイトでの購入がお勧めです。必ず印鑑登録ができる品質でもお得に購入できますよ。

実印の購入

実印は、結婚するときに必要になって、慌てて通販で購入しました。仕事をしていたので買いに行く時間はなく、通販は自宅に居ながら申し込みができるので便利でした。できたものは、1週間ほどで郵送で届きました。送料は無料で、商品到着後に後払いでした。実印は、役場に登録申請を行って、印鑑証明を作るために必要でした。お店の方に聞きましたが、実印自体は、どんなも…

»もっと読む

実印以外の印鑑を使う機会はとても多い

今まで、実印が必要だったのは車購入の時と家を購入した時です。いわゆる大事な時にいる印鑑なので、普段あまり使う事がなくタンスの奥に眠っています。それ以外の印鑑は、いくつもその辺に転がっています。銀行の印鑑もあるので、そこそこ大事なんですが、実印以外は、どれがどこのかとか何回聞いても忘れてしまいます。それは、実印以外は、印鑑自体が区別つきにくい位似…

»もっと読む

実印の基礎知識

実印とは自分が住んでいる市町村の役場に行き、自分の名前が彫刻したハンコを登録申請し、受理された印鑑のことをいいます。ですので高級な印鑑を購入したからと言って、それが実印になるわけではありません。登録をしないといけないのです。言い換えれば、100円ショップで買ったものでも登録してしまえば、それが実印となるのです。 主な使い道は… ・自動車などの購入、所有…

»もっと読む

大人になった証、実印

社会人になって、初めてのことって結構ありますよね。実家にお金を入れたり、初任給で親にプレゼントをしたり。今までしていなかったことをしますよね。そのうちの1つ、自分の実印を作ることも大人になった証といえるのではないでしょうか。社会人になってすぐにそうなるわけではないでしょうが、車や家を買うとき、実印が必ずしも必要になります。さらにその実印を役所に…

»もっと読む

TOP