身内のお祝いとして実印をプレゼントするはとてもお勧め

印鑑

実印の購入

実印は、結婚するときに必要になって、慌てて通販で購入しました。仕事をしていたので買いに行く時間はなく、通販は自宅に居ながら申し込みができるので便利でした。できたものは、1週間ほどで郵送で届きました。送料は無料で、商品到着後に後払いでした。
実印は、役場に登録申請を行って、印鑑証明を作るために必要でした。お店の方に聞きましたが、実印自体は、どんなものでもいいそうです。役場に登録してしまえば、実印として使うことができます。どんなものにしたいのか、どんな素材を使って作るかで、値段が変わってきます。
実印は、一生大切に使っていきたいので、姓名を彫刻した世界に一つしかないものを作りたいと思いました。銀行印や認印とは違う、大きなもので立派なものがほしいと思いました。
主人の実印を作るときには、男性らしいものを選びました。黒水牛の手彫り実印にしました。太さは、16.5ミリメートルの丸い形でした。書体は、印相体にしました。どっしりした感じがします。黒水牛は、比較的安いのですが、丈夫です。水牛の角を加工して漆黒に染めたもので、見た目にも高級感があります。購入してから15年たちますが、痛みはなくきれいな状態です。

実印の購入

実印は、結婚するときに必要になって、慌てて通販で購入しました。仕事をしていたので買いに行く時間はなく、通販は自宅に居ながら申し込みができるので便利でした。できたものは、1週間ほどで郵送で届きました。送料は無料で、商品到着後に後払いでした。実印は、役場に登録申請を行って、印鑑証明を作るために必要でした。お店の方に聞きましたが、実印自体は、どんなも…

»もっと読む

実印以外の印鑑を使う機会はとても多い

今まで、実印が必要だったのは車購入の時と家を購入した時です。いわゆる大事な時にいる印鑑なので、普段あまり使う事がなくタンスの奥に眠っています。それ以外の印鑑は、いくつもその辺に転がっています。銀行の印鑑もあるので、そこそこ大事なんですが、実印以外は、どれがどこのかとか何回聞いても忘れてしまいます。それは、実印以外は、印鑑自体が区別つきにくい位似…

»もっと読む

実印の基礎知識

実印とは自分が住んでいる市町村の役場に行き、自分の名前が彫刻したハンコを登録申請し、受理された印鑑のことをいいます。ですので高級な印鑑を購入したからと言って、それが実印になるわけではありません。登録をしないといけないのです。言い換えれば、100円ショップで買ったものでも登録してしまえば、それが実印となるのです。 主な使い道は… ・自動車などの購入、所有…

»もっと読む

大人になった証、実印

社会人になって、初めてのことって結構ありますよね。実家にお金を入れたり、初任給で親にプレゼントをしたり。今までしていなかったことをしますよね。そのうちの1つ、自分の実印を作ることも大人になった証といえるのではないでしょうか。社会人になってすぐにそうなるわけではないでしょうが、車や家を買うとき、実印が必ずしも必要になります。さらにその実印を役所に…

»もっと読む

TOP